井手上漠の身長体重や本名などのプロフィールは?兄弟や親の家族構成も!

芸能人

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

2018年「第31回ジュノン・スーパーボーイコンテスト」に出場し「DDセルフプロデュース賞」を受賞した井手上漠さんは、”かわいすぎるジュノンボーイ”として、とても注目されました。

また井手上漠さんはSNSなどで“性別ないです”と表現されています。

常に純白のドレス姿や、沖縄での水着姿などありのままの姿を披露し、また最近ではテレビドラマなどにも出演している井手上漠さんのプロフィールや家族構成など気になっている方も多いと思います。

そこで今回は「井手上漠の身長体重や本名などのプロフィールは?兄弟や親の家族構成も!」と題してご紹介いたします。

井手上漠の身長体重や本名などのプロフィールは?

井手上獏さんの身長や体重、本名などのプロフィールを詳しく見ていきましょう!

井手上漠の身長体重

井手上獏さんの身長体重は、

身長:163cm
体重:49kg

です。

身長163cmに対し、体重は49kgはかなりスリムな体型です。

実際に163cmの標準体重を計算してみると、

標準体重 = 22 × {身長(m)の2乗}

22 × 1.63 × 1.63 = 58.5(kg)

結果、163cmの標準体重は58.5kgとなり、49kgである井手上獏さんはモデル体型に該当することがわかりました。

ちなみに井手上獏さんはダイエットに励んでおられ、シリカ水を飲んでいらっしゃるようです。

シリカ水の効果はダイエットだけでなく、美肌効果や美髪効果もあると言われています。

食にはお金をかけず、シリカ水などの健康に良い水にお金をかける生活をして、現在のようなスリムな体型を維持されています。

井手上漠の本名

井手上漠(いでがみばく)さんという名前はとても個性的ですが、芸名などではなく本名です。

ちなみに「井手上」という苗字は鹿児島県が一番多く、次いで福岡県となっています。(参考元:苗字由来net

比較的九州に多い苗字ということになりますが、井手上獏さんの出身は島根県なので親戚などに九州の方がいるのかもしれません。

さらに詳しく井手上獏さんのプロフィールを見ていきましょう!

井手上漠のプロフィール

井手上獏さんのプロフィールは以下の通りです。

【井手上 獏(いでがみ ばく)】

本名:井手上漠
性別:(本人は性別なしと語る)
生年月日:2003年1月20日
年齢:21歳(2024年2月現在)
出身地:島根県隠岐郡海士町
学歴:海士町立海士中学校→隠岐島前高校→美容専門学校
身長/体重:163㎝/49kg
血液型:B型
特技:歌、絵、バレーボール
職業:タレント モデル
所属事務所:ディスカバリー・ネクスト
X:@i_baku2020
Instagram:@baaaakuuuu

井手上漠さんの出身地は、島根県隠岐諸島の島前に属する島の一つ「中ノ島」にある海士町で、本州から船で3時間程度かかる場所にあります。

また、井手上漠さんはSNSなどで“性別ないです”と記載していますが、これは男性として生を受けたが心に女か男かの違いを感じておらず、世間で用いられている”ジェンダーレス”と感じているわけではない為、このような表現をしています。

さらに井手上獏さんは猫アレルギーですが、実家では2匹猫を飼っていて触ることができないというお茶目な一面もあります。

井手上漠さんの経歴

井手上獏さんの経歴を簡単にご紹介します。

・中学3年「カラフル」と題した作文で「少年の主張 全国大会」に出場し、文部科学大臣賞を受賞。

・高校1年生「第31回ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」でDDセルフプロデュース賞を受賞。

・2021年4月20日、フォトエッセイ『normal?』発売。

・2022年、自身がプロデュースするジェンダーレスファッションブランド「BAAKU」を発表。

・国際メイクアップアーティスト検定1級を取得

井手上獏さんは中学校の3年生の時に「自分が自分らしくあるためにはどのように心を保ち振る舞えばよいのか」を思慮した経験を元に、作文『カラフル』を書きました。

その作文を読んだ当時の国語教師の薦めで、「第39回少年の主張全国大会」に出場することになり、そこで文部科学大臣賞を受賞します。

またフォトエッセイ『normal?』では予約数や注目度の反響などが大きかったこともあり、それに応える形で当初のページ数は160ページの予定でしたが224ページに増え、さらに発売日前に重版も決定しました。

こういった所でも、井手上漠さんの注目度の高さが伺えますね。

井手上漠さんの学歴

井手上獏さんの学歴はこちらです。

中学校:海士町立海士中学校 卒業

高校:島根県立隠岐島前高等学校 卒業

専門学校:美容専門学校(学校名は公表されていません)卒業

出身校である「島根県立隠岐島前高等学校」は、井手上獏さんの出身地である中ノ島にある唯一の高校で、半数以上が県外からの留学生のようです。

井手上獏さんは高校時代から芸能活動をしていましたが、高校を卒業するまでは、お仕事の度に1日かけて上京していました。

上京後2021年から少しメディアでの仕事が少なくなってきた時にメイクアップアーティストの専門学校に2年間通い、

国際メイクアップアーティスト検定1級

の資格を獲得しました。

こちらの試験はなんと合格率は20~30%ということで、井手上漠さんも相当勉強したようで「簡単ではなかった」と語っており、レベルで言うと「パリコレレベル」です。

井手上獏さんがこの資格を取った理由は、

小学4年生のころから美容が大好きで、学校から帰るとメイクなどしていたが、美容が好きというだけで仕事に出来るわけではないため、しっかりと学んで仕事にする、そして「世の中のためになるものを発信したい」と思い取得を目指した

ということです。

井手上漠の兄弟や親の家族構成

井手上漠さんの家族構成は、

母親・姉・漠さんの3人家族

です。

井手上漠さんは以前、インスタライブで家族構成について「母親と姉」と答えています。

父親がどのような人物で、なぜ今一緒に暮らしていないかなどは明かされておりません。

井手上漠さんの母親

井手上漠さんの母親曰く、幼少期に出席した結婚式で花嫁のウェディングドレス姿に一目惚れして以来、井手上獏さんは女の子らしいものに興味を示すようになったといいます。

井手上漠さん自身ではそれが自然体でしたが、自身と周囲の見解との間にギャップがあることに気づき、思い悩み、葛藤していました。

そんな時母親は、井手上漠さんの個性を否定や拒絶することなく、常に尊重し、

漠は漠のままでいいんだよ。それが漠なんだから

と優しく背中を押す言葉をかけ、堂々と自分らしく生きる為に支えてくれた存在です。

母親の存在が井手上漠さんの人生の光となり、自然体で生きていくきっかけになりました。

また井手上獏さんの初のフォトエッセイ「normal?」の感想をLINEでこのように送っています。

normal?読ませてもらいました!

18年間、正解が分からず、何が正しいか、どうしたら良いか、ずっとずっと悩み続けてきました。

普通だったらどんなに漠は幸せだっただろうとか、お母さんのせいなんじゃないかとか、、、
考えても考えても出ない答えを探す日々でした。

(中略)

漠が戦ってきた18年はお母さんが母として強くなれた18年でした。

いつもドーンと構えて何があっても大丈夫ってタイプのお母さんでやってきたけど、ほんとはいつも不安でいつも迷っていつも悩んできました、、、

normal?
読ませてもらって、やっとこれで良かったんだと思えました。
お母さんがずっと願っていた事。
漠が未来に希望を持てること。
漠が自分の道を諦めたりせずに未来を選んで行ける事。
今、まさにそうなっています。
その姿にホッとしています。
18年間が走馬灯のように駆け巡り、15回は号泣したかな、、。
normal?
は、お母さんにとって、有難いラブレターでした!
心からありがとうございます☺️

自分自身もたくさんの葛藤と戦いながらも井手上漠さんを守り支えて、本当に素敵な母親だと思います。

井手上漠さんの姉

井手上漠さんには1歳年上の姉がいて、名前は

井手上暖乃(いでがみのんの)さん

と言います。

姉も母親と同じく井手上漠さんの個性を尊重しており、SNSなどでも仲良くツーショットでの投稿を沢山しています。

姉は大学生のようですが、どこの大学に通っているかまではわかっていません。

右が姉の井手上暖乃さんです。

とても似ている2人ですが、姉の井手上暖乃さんはSNSで、

似てるねって言われるけど、似せてきたの漠だわって言いたい笑

と言っており2人の仲の良さも伺えます。

まとめ

今回は「井手上漠の身長体重や本名などのプロフィールは?兄弟や親の家族構成も!」と題して、ご紹介いたしました。

井手上獏さんのプロフィールや家族構成は以下にまとめました。

本名:井手上漠(いでがみばく)
身長体重:163cm・49kg
家族構成:母親・姉(暖乃さん)・漠さん【3人家族】

井手上漠さんをさらに知ることができ、もっと応援したいと思ったのではないでしょうか?

この多様性時代のシンボルとなりつつある井手上漠さんをこれからも見守りたいと思います。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人
writer02をフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました