KANの若い頃は?嫁は早稲田桜子で子供はいない?家族構成も調査!

芸能人

※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク

歌手のKANさんがお亡くなりになったことが2023年11月17日に報道されました。

1990年に発売された「愛は勝つ」が大ヒットし話題となりましたが、当時の若い頃のKANさんはどうだったのか知らない人も多いのではないでしょうか。

また、KANさんのお嫁さんはヴァイオリニストの早稲田桜子さんという女性ですが、お二人の間には子供がいなかったとも言われています。

KANさんの詳しい家族構成も気になりますね。

そこで今回は「KANの若い頃は?嫁は早稲田桜子で子供はいない?家族構成も調査!」と題して、KANさんについて調査したいと思います。

KANの若い頃は?

KANさんの若い頃の画像はこちらです。

そして以下の画像が最近のKANさんです。

若い頃と最近の画像を比べると、白髪交じりになったりとお歳は召されたことは確実ですが、優しいお顔立ちや柔らかい雰囲気は、若い頃から全く変わっていませんね。

そして、KANさんと言えば「愛は勝つ」で一躍有名になりましたが、それ以外にも数多くの曲を歌っています。

そんなKANさんの若い頃の経歴を見ていきましょう!

KANさんの若い頃の経歴

KANさんは幼稚園に入園した翌年にはピアノを習い始め、そこからずっとピアノを習っており、当たり前のように自然と音楽の道へと進みました。

大学時代はレストランやディスコでのアルバイトに明け暮れる日々を送っていましたが、それもピアノ購入のためのアルバイト生活でした。

KANさんの経歴としては、歌手としてレコードデビューする3年前の1984年に、

・「East West ’84」決戦大会 優秀賞
・集英社週刊ヤングジャンプ「Sound Contest ’84」 ヤングジャンプ奨励賞

を受賞されています。

そして1987年4月25日に「テレビの中に」および同名のアルバムでレコードデビューしますが、数年間はヒット曲も知名度もほとんどありませんでした。

しかし、1991年1月に放送された『邦ちゃんのやまだかつてないテレビ』第三期エンディングテーマに「愛は勝つ」が起用されると、瞬く間に大ヒットとなりました。

そして、

・「第33回日本レコード大賞」でポップス・ロック部門大賞 受賞
・「第42回NHK紅白歌合戦」 出場

という素晴らしい経歴をもつようになり、KANさんは世間からの知名度が一気に上がります。

その後も、

・「第29回ゴールデン・アロー賞音楽賞」受賞
・1991年9月6日、フジテレビ『笑っていいとも!』のテレフォンショッキング 初登場
・1996年11月、中国・広州の「広東国際広播音楽博覧会」出演

と大活躍されました。

KANさんの若い頃のソロ以外の活動

KANさんは若い頃からソロで活動していますが、ソロ以外の活動もされていました。

BAD LOOKS
(1989年、カーネーションの直枝政太郎さん、オールウェイズの風祭東さん、清水淳さんと結成)

Bon Marché(ボン・マルシェ)
(1998年、ツアーメンバーでハイビジュアル系バンドとして結成)

Pacific Heaven Club Band
(1999年、同じ事務所に所属していたスターダスト・レビュー、森高千里さん、east cloud、Something ELse、Chére、Temiyanと結成)

若い頃と呼べるのは上記までのグループかもしれませんが、それ以外にもKANさんが40歳を過ぎてから、ミスチルの桜井和寿さんと「パイロットとスチュワーデス」というユニットを組んだり、スターダストレビュー、スキマスイッチ、秦基博さんと「ホスキモ」というバンドを結成しました。

2018年には山崎まさよしさんと「YAMA-KAN」としてユニットを組み、3曲入りのミニアルバムをリリースするなど、多くのアーティストとのコラボが多くありました。

それだけKANさんのお人柄がよかったという証拠ですね。

KANの嫁は早稲田桜子で子供はいない?

そんなKANさんはヴァイオリニストの早稲田桜子さんと1999年4月に結婚しました。

結婚したのは、当時KANさんが37歳の頃で、その2年前にコンサートで共演したことが出会いのきっかけだったようです。

KANさんとお嫁さんである早稲田桜子さんの間には、子供はいなかったようです。

実は、早稲田桜子さんは以前自身のブログで流産を経験したことを明かしていました。

そのようなことが子供がいない理由なのかもしれませんが、とてもデリケートなことですし、他人がどうこう言うことではないので、子供がいない理由はわかりませんが、ご夫婦2人で楽しく過ごされていたことでしょう!

KANの家族構成

KANさんと早稲田桜子さんの間に子供がいないことをお伝えしましたが、そうなると、KANさんが結婚してからの家族構成は、

本人、嫁(早稲田桜子)の2人家族

ということになります。

KANさんの生まれ育った家族構成は、

父親、母親、兄、本人の4人家族

だということがわかりました。

KANさんの父親はRKB毎日放送の番組プロデューサーの木村満さんという方で、子供を3人欲しがっており、第1子を「索(さく)」、第2子を「和」、第3子を「践」と名付けるつもりでいたそうです。

結果的に子供はKANさんと兄の2人となったという情報があるので、KANさんの兄弟は兄との2人兄弟だということになります。

KANさんの父親はプロデューサーとして音楽関係の業務を担当しており、学校の校歌の作曲やアルバイトとして博多どんたくの音楽編曲も行っていた程の音楽家でした。

そのため、KANさんも両親の影響で幼少期からピアノを習っていたということになります。

恐らく兄も同様に何かしらの楽器を習っていたのではないでしょうか。

まとめ

今回は「KANの若い頃は?嫁は早稲田桜子で子供はいない?家族構成も調査!」と題して、KANさんについて調査しました。

KANさんの若い頃の画像を見てみましたが、見た目的にはもちろんお年を召しましたが、ほとんど変わらないお姿でした。

お嫁さんはヴァイオリニストの早稲田桜子さんで、お二人の間には子供はいません。

家族構成はKANさんと早稲田桜子さんご夫婦の2人家族ですが、生まれ育った家族は、両親と兄の4人であることがわかりました。

両親の影響で幼少期から音楽に携わっていたことが、KANさんを素敵な歌手にしてくれたのかもしれませんね。

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
芸能人
Yuppiをフォローする

コメント

タイトルとURLをコピーしました